目にいい理由

ブルーベリーといえば、眼に良い食べ物として昔から有名です。
では、なぜこのブルーベリーが眼に良いといわれているのでしょうか。
それは、なかに含まれているアントシアニンとよばれるポリフェノールの一種の働きによるものだといわれています。
アントシアニンは眼の網膜に栄養を運ぶ毛細血管の働きを促進する作用をもちます。
また、視神経の働きを支えているロドプシンとよばれる色素の合成を促進し、これが疲れ目の予防や視力を向上させる効能があることも知られています。
ただし、この視力向上の効果に関しては、一時的なものであったり、実際には視力を回復させる効果がないという説もあったり、100%証明されているわけではありませんが、アントシアニンが疲れ目の予防に効果的だということが明らかなようです。
アントシアニンはブルーベリーだけでなく、青や赤、紫色の色素を多く含む食品や飲料にも含まれており、具体的には赤ワインや黒豆、ムラサキイモなどにも含まれています。
ただし、いくら眼のためとはいえ、ワインなどを毎日摂取することはなかなかできることではありません。
また他の余分な糖分なども摂ってしまうという弊害もあります。
そこでおススメなのが、サプリです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31